審判離婚とは

審判離婚とは

離婚の形には、いろいろな種類があります。通常は当事者間で話し合いをして、離婚をするという協議離婚が一般的でしょう。

 

浮気調査を探偵に依頼しよう

 

しかし中には、当事者間の話し合いでは、離婚の交渉が成立しないこともあります。この場合にはもしかすると審判離婚をすることになるかもしれません。

 

 

 

審判離婚とは、当事者間の話し合いや調停でも離婚交渉が不首尾に終わった時に適用されます。

 

 

 

裁判所がお互いの言い分を聞いたうえで、解決法を審判という形で提示をするスタイルのことを言います。

 

 

 

もし審判が出されたら、不服であれば家庭裁判所に対して2週間以内に異議申し立てをしないといけません。

 

 

 

審判は、裁判所の判決と同じ効力を持ち、確定をすれば、審判の結果にのっとってもらわないといけなくなります。