探偵事務所と個人情報保護法

探偵事務所と個人情報保護法

探偵事務所が業務をするときに、重要な法律があります。それは個人情報保護法といわれる法律です。

 

 

 

個人情報保護法とは、平成17年に施行されている法律のことで、個人に関する情報については、保護をするべきという内容の法律です。

 

 

 

これは、個人をターゲットにして、いろいろと調査をする探偵にとっては不利な法律のように見えるかもしれません。しかし探偵にとっては、この法律によって、業務が妨害されるということは、まずないといっていいでしょう。

 

 

 

というのもこの法律の対象は「5000を超える個人情報をデーターベースとして持っている」企業が対象です。

 

 

 

これほどの巨大な個人情報を取り扱っている探偵事務所は、正直皆無といっていいでしょう。