探偵の調査に対する姿勢

探偵の調査に対する姿勢

探偵が一人で調査するのと、二人で調査するのでは成功確率が全然違ってきます。
一人ではどうしても目を離したりする場合があり、一人では気がつかないということもあります。

 

しかしただ人数が多ければいいというものではありません。
探偵事務所のサイトなどをみて、
探偵の登録人数が書いてあるかと思いますがこれは水増しをされた数字であることもあります。
殆ど素人のような人もいますしそういった人を増やしたり、
最悪の場合素人同然の探偵だけで調査していることもあります。

 

調査を頼んだ後探偵が何をしているのかは、探偵にしかわかりません。
こういった不安があって探偵に調査を依頼できない人は、
以下の点に気を付けるといいでしょう。

 

まず自分も調査に加わってもいいかという質問をすること。
二人で調査しているところを、画像か動画にしてもらうことです。
探偵事務所によってはカメラ撮影をして働いている証拠を残すところもあります。
ただ調査を依頼した人が現場に行くのは、調査対象に発見される可能性が高まり嫌がる探偵もいます。

 

 

事務所側もこういった事については依頼を受けたくありません。
調査料金をめぐって双方が同意できない場合や、依頼が危険なものであったり、
探偵事務所が依頼者をなんらかの理由で信用できない場合なのです。
とくに違法性があるような場合には断られる可能性が高いでしょう。
料金に関しても完全に赤字となるような場合や、
料金がどうしてもかかってしまう場合それに
見あわない調査料しかもらえないとなると断られることもあります。