不受理申出とは

不受理申出とは

離婚届や婚姻届は、名前とハンコが押されていれば、書類としては有効になります。

 

 

 

しかし中には、勝手にはんこを作って、相手の知らないところで勝手に書類を作成して提出する人もいるかもしれません。

 

 

 

そのような事態を防ぐために、不受理申出という手続きがあります。不受理申出とは、もし離婚届けや婚姻届が出されたとしても、それに自分が同意しているわけではないという意思表示に使えます。

 

 

 

ですからもし、届出が事前にあれば、いくら必要事項がきちんと書かれている離婚届や婚姻届でも、役所としては受理することができなくなります。

 

 

 

この届け出は、届に判を押したときには同意をしていても、途中で気が変わったというときにも、まだ届けが出ていなければ有効です。